ll

メーカー campus



簡単な感想

総合的に見たら平凡な作品だと思うけど、ヒロインである葵が魅力すぎて、彼女を攻略しただけでもプレイする価値は十分にあった。逆に言えば葵のようなキャラの良い個性が無ければ評価のしようがないと。

今作は季節シリーズでタイトルがナツだけど正直夏要素はいらないと感じた。唯一のコテージでの水着イベント以外に生かせているシーンが無かった。ハルウソに関しては桜の木の要素が重要なので無いと困るけど、四季シリーズにタイトルが引っ張られた印象が強い。

後いくらなんでも主人公が鈍感すぎる。ここまで鈍いって共感能力の無さを疑ってしまう。ヒロインと距離感を詰めたりするのに鈍感要素は正直冷める、主人公に共感できないのはそこが一番だった。というか鈍感要素さえつければ話が繋がりやすくなるのは分からなくもないけど...


以下ヒロインの魅力について

和泉 葵

SnapCrab_ナツウソ -_8-40-36_No-00

彼女の魅力として自分の目指す場所に向かってひたむきに頑張る姿が上げられる。彼女の様に目標に向かって惜しまない努力をする部分に強く惹かれた。

性格は真面目で周囲への人当りも良い彼女、欠点は不器用で融通が利かないところなんだけど、その部分も含めて葵の魅力が映えていると感じた。個人的に泥臭くもこういう愚直に自分の夢へ走って叶えていくキャラは応援したくなる。





SnapCrab_ナツウソ -Ahea_9-55-15_No-00

主人公と一緒に企画を作成する際に葵が強烈なM属性であることが発覚してそそられた。中身は真面目で品行方正な彼女が蓋を開けて見れば、純情さの欠片も無くなるぐらい既に調教されてて興奮した。こういうギャップも葵の魅力の一つであると思う。